テレビ・ドラマ

スカーレットの主題歌やサントラは?ロケ地や結末のネタバレも!

みなさん,こんばんは。
今日は仕事後に勉強会に参加してヘトヘトのmissyです。

さて2019年もあとわずか。
来年は猪突猛進のイノシシ年ですね!

missyも2019年も突っ走りたいと思います!!

さて、ちょっと気が早いんですが、2019年後半の秋季朝ドラがスカーレットに決まりましたね!

朝ドラってついついみちゃいますよねー!!
そして時間も短めで朝にはちょうどいい感じ!

そして今回は何と言っても戸田恵梨香さんが主役♡
可愛くて、大好きです!

今日は毎回話題になる朝ドラの主題歌やロケ地、そして結末までのネタバレやあらすじを調査して行きますよー!!

スポンサードリンク








ネタバレ注意⁉︎結末やあらすじは?

スカーレットのあらすじは、滋賀県の信楽で陶芸家として生きる川原喜美子(戸田恵梨香)が自身の失敗と挫折を陶芸に対するアツい気持ちと喜びを持ってめげずにしゃにむに生きていく女性を描いたストーリーだそうです。

戸田さんが演じる、川原喜美子は、どんな女性なのでしょうか?

1937年/昭和12年 大阪生まれ
三人姉妹の長女
9歳で滋賀県・信楽に移り住み、幼い頃から一家を支える働き者の女の子
地元の信楽焼にふれて育ち、やがて男性ばかりの陶芸の世界に飛び込んで、女流陶芸家の草分けとして歩みはじめる
同業の夫と結婚ののち、自らの窯を持ち、独自の信楽焼を生み出そうと奮闘する
また、二児の母となる一方で、愛情をこめて多くの弟子を育てていく
陶芸にかける情熱は誰にも負けない
細かいことにこだわらない、お人よしな性格で、周囲に頼られる
特技は絵と柔道。

連続テレビ小説101作目は究極の働き女子の物語です!!
やばい!働きマンやホタルノヒカリばりに共感しちゃうかも〜!!

焼き物の里・信楽(しがらき)の女性陶芸家を戸田さんが演じます。
モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげない生き様が描かれます!

焼き物も人生も、思いどおりにいかないから面白い。
やってみなきゃわからない。自分のため、大切な人のため行動あるのみ!

懸命に働く彼女を慕う人が集まり、やがて新たな絆が生まれます。
がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の、波乱万丈な物語になっているようですよ!

タイトル『スカーレット』とは
緋(ひ)色のこと。伝統的に炎の色とされ、黄色味のある鮮やかな赤。緋=火に通じ、陶芸作品に表れる理想の色のひとつである。主人公の生業(なりわい)となる陶芸では、窯をたく炎が勝負。熱く燃えるような、情熱的な人生につながる。

あらすじや結末はわかり次第追記して行きますね!

スポンサードリンク








主題歌はなに?サウンドトラックは?

音楽は冬野ユミさんが担当するようです。
冬野さんの音楽は、曲を聞いただけで、映像が蘇るような、情景が浮かぶような、そんな素敵な音楽を作る方です。

スカーレットの音楽はまだわかりませんが、NHKで放送されていたドラマで、さらにクリスマスにスペシャルドラマとして放送されるアシガールの音楽も担当されていたんですよ!

主題歌もまだ公式に発表がありませんので、わかり次第また追記していきますね!

ロケ地はここ!

信楽焼きといえば、滋賀県です!
撮影も滋賀県で行われると思われますが、まだ情報がないです。

タヌキが有名ですよね!!

なんか私の想像してたタヌキとちょっと違う!!
めっちゃ可愛い!!

タヌキは縁起物ですし、このドラマを機に人気沸騰するかもしれませんね!!

まとめ

連続テレビ小説スカーレットは2019年の秋から放送スタートです。
高度経済成長期である昭和40年前後のお話。

戸田さんがどのように演じるのか、そして周りの豪華俳優陣の発表も楽しみですね!
まだタイトルと主演の戸田さんしか発表がありませんが、色々わかり次第また追記して行きますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク