主人公のモデルとなるのは日本を代表する作曲かの古関裕而さんとその妻、金子さん。

 

今回窪田さんが演じる古山裕一は、物静かだが胸には情熱をひめた男
そして、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家とその妻の物語になっています。